診察内容 | 川下ばく内科

診察内容

clinic information

診療内容

生活習慣病

高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、脂肪肝など

慢性疾患

逆流性食道炎、気管支喘息、骨粗鬆症など

急性疾患

風邪(インフルエンザ、溶連菌感染症、マイコプラズマ感染症を含む)、胃腸炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍など

ピロリ菌検査および除菌治療

胃カメラを行い、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが認められれば、保険診療でピロリ菌の検査・治療が可能です。検査は血液、尿、呼気のいずれかで行います。尿と呼気は短時間で結果が分かります。

禁煙治療

一定の条件を満たせば、保険診療で禁煙治療が可能です。

訪問診療

通院が困難な患者様に対し、訪問診療を行っています。

予防接種

乳幼児から高齢者まで、各種予防接種を行っています。

健康診断

特定健診、とくとく健診、企業健診(雇用時健診を含む)、半日人間ドックなどを行っています。

各種検査

胃カメラ(原則予約制)

鼻から挿入できる直径約5mmの細径スコープ(富士フィルム社製)を使用しており、 鼻と口どちらからでも検査が可能です。 以前に口から胃カメラを飲んで辛い思いをした方や、 もともとノドが刺激に弱い方には、鼻からの検査をお勧めします。 鼻から挿入すると、スコープが舌の根元に触れないため、 オエッとなる反射が少なくてすみます。 また、検査中でも会話が可能です。 ただ、鼻の中が極端に狭い方は、スコープが通らないこともあり、 その場合には口から挿入しますが、スコープの径が細いため、 通常の口からの胃カメラよりも楽に受けられます。 なお、当院では鎮静剤を使用しませんので、 検査当日の車などの運転には、全く制限がありません。

大腸カメラ(予約制)

ズーム機能付きの比較的軟らかいスコープ(富士フィルム社製)を使用しています。観察時に腸を膨らますための送気に、通常の空気ではなく炭酸ガスを用いるため、検査後のお腹の張りが短時間でなくなります。 可能なものについては、日帰りのポリープ治療も行っています。ポリープ治療を行った場合には、治療終了後の経過をみるため、点滴をしながら約3時間休んでいただきます。 なお、当院では鎮静剤を使用しませんので、検査当日の車などの運転には、全く制限がありません。

超音波(エコー)検査(原則予約制)

腹部、甲状腺を対象に行っています。

血圧脈波検査(予約不要)

いわゆる血管年齢を見る検査です。動脈硬化の有無や程度がわかります。

骨塩定量検査(予約不要)

骨粗鬆症の検査です。左手のX線写真を撮って調べます。

胸部および腹部X線(レントゲン)検査(予約不要)

心電図(予約不要)

ホルター(24時間)心電図(予約不要)

呼吸機能検査(予約不要)

肺活量など、呼吸機能を調べます。

簡易睡眠時無呼吸検査(予約不要)

睡眠時無呼吸症候群の有無を大まかにみる検査です。

血液検査(予約不要)

検血(白血球、赤血球、血小板)、CRP、HbA1c、血糖は、短時間で結果が分かる院内検査が可能です。

尿検査(予約不要)

迅速検査

インフルエンザ、溶連菌感染症、マイコプラズマ感染症を診断するための迅速検査が可能です。 インフルエンザは鼻の中を、溶連菌とマイコプラズマはノドの奥を、 いずれも綿棒のような道具でこすって検査します。 数分~15分で結果が出ます。

大腸がん検診(便潜血2日法)

便には通常血液は混じっていませんが、大腸がんや大きなポリープがあると、 便と接触して出血が起こる場合があります。 この検査は、このようなごく少量の血液でも検出できます。 特に今まで一度も大腸検査を受けたことがない方にお勧めします。